BRC(ビジネスらくらくクラブ)の合同会社YKからも注意喚起!仮想通貨の詐欺について

BRC(ビジネスらくらくクラブ)の合同会社YKからも注意喚起!仮想通貨の詐欺について

仮想通貨関連の詐欺に注意!

仮想通貨関連の詐欺に注意!

仮想通貨を使ったビジネスがここ数年で爆発的に増えています。ビジネスらくらくクラブ(通称BRC)もその一つです。
短期間で大きな利益を得ることが可能な仮想通貨ビジネスですが、注意も必要です。仮想通貨を使った詐欺や事件が起こっている事を御存じでしょうか?
普段はBRCに関する記事を書いていますが、今回は仮想通貨に関する問題点や注意しておきたい点、詐欺について紹介していきます。
例えBRCをやっていない、興味が無いという人でも知っておいて損は無いと思いますのでお時間がある方は参考にしてみてください。

BRCを作っている合同会社YKからも注意喚起が!今横行している仮想通貨詐欺について

今横行している仮想通貨詐欺について

実はBRCを作っている合同会社YKもサイトなどで正式にはアナウンスしていませんが、ユーザーに対して仮想通貨の詐欺に関して注意喚起をしているようなんです。
私も詳しくは知りませんが、仮想通貨関連のビジネスをするなら知っておいて損をする事は無いです。
仮想通貨に関する詐欺で多いのはICO案件に関するものです。

ICOとは

ICOとは

一般的は資金調達の方法の一つと言われています。
Initial Coin Offeringという頭文字を取ってICOと言われています。
日本語にすると「新規の仮想通貨公開」という直訳になり、クラウドセールやトークンセール、トークンオークションなどとも言われています。

トークンとは

トークンとは

株式投資で言うところの会社が発券する株券のようなもので、上場する前に購入する事で公開後価値があっがた時に売ることで利益を得ることが可能です。

資金集めの方法とされており仮想通貨は誰でも作ることが出来るので世の中にはたくさんのICO案件があります。上手くいけば小額でも大金にする事が出来るので投資家や資産家もICO案件に投資する場合があります。
しかし、気をつけなければならないのがICO案件のトラブルです。
上場する予定だったのに事業が上手くいかず上場できない、トークンだけ発行して開発者がとんずらした等の詐欺被害が発生しています。

その仮想通貨がきちんとした社会的信用があるのか、開発者と連絡が取れる状態なのか等など気をつけなくていけないポイントが沢山あります。
確認を怠れば詐欺被害にあってもお金を取り戻す事は出来ないがほとんどです。
泣き寝入りする事の無いようにちゃんと確認しましょう。

やはり、仮想通貨に関する知識が少ない方も多いのか心配の声も上がっています。
合同会社YKのBRCは仮想通貨関係ではありますが、ICO案件とは違います。
仮想通貨ビジネスを展開する会社には「あんたのところは詐欺じゃないのか?」とか「仮想通貨って詐欺が多いって聞くけどおたくは大丈夫なの?」という声が寄せられているようです。
余談ですが、BRCはICO案件ではありません。

ここからは仮想通貨やICO等注意が必要なポイントを紹介していきます。

上手い話には裏があると思った方がいい

上手い話には裏があると思った方がいい

上手い話には裏があるとはよく言いますが、まさにその通りです。
例えば相場よりもかなり安い物件が実は事故物件だったとか、人気のブランドバックが通常では考えられない安値で売られていると思ったらレプリカだったなど、上手い話には必ず裏があるものです。

もし、本当に上手い話があるならば世の中に出回る事はそうないです。
利益を独占しようとする人たちが出てくるので私たちのような一般人にお得で上手い話が回ってくる事はまず無いと考えましょう。

例えば「今この仮想通貨を買えば1カ月後に100倍の価値になるから買わないか?」なんて話はまず詐欺で間違いないでしょう。
そんなお得情報を他人に話したり紹介したりする意味が無いからです。
人間には「独り占め」という言葉があるように独占欲というものが大小あれど存在します。コレがある以上、制限のあるものを人に教えるメリットが無ければ教えるという思考にはなりません。
その人を騙そうとしているなら話は別です。気をつけてください。

仮想通貨の広告塔に芸能人を起用している場合でも注意が必要

仮想通貨の広告塔に芸能人を起用している場合でも注意が必要

仮想通貨のイメージモデルや広告塔として芸能人や有名人を起用しているところもありますが注意が必要です。なぜならその仮想通貨を宣伝している芸能人がプッシュしているわけでは無いからです。
芸能人も仕事でやっているだけで本人が購入しているわけではない場合がほとんどです。
よく「○○という芸能人が出ているから買った」とか「○○さんが宣伝をしているからきっと良いに違いない!」なんて理由で購入している人もいるそうです。かなり危険です。
その仮想通貨が本当に信用出来るかどうか調べずに購入してしまうような方は詐欺にも合いやすいです。

イメージが先行すると人間は正常な判断が出来なくなります。例えば「悪い」というイメージを持っている人間と仲良くなるのは難しいですよね。
逆に「良い」というイメージがある人には積極的に話かけたり頼まれても快く承諾してしまうのではないでしょうか。
もし、仮想通貨のICO案件を検討しているならちゃんと信用出来るのか調べましょう。

ICOの公式ホームページ等の翻訳が日本語だけの場合は注意が必要

ICOの公式ホームページ等の翻訳が日本語だけの場合は注意が必要

海外の事業者によるICOで公式のホームページの翻訳が日本語だけというのはおかしいんです。通常こうした海外の事業者がサイトを作る場合いくつかの翻訳があるはずです。
日本にいる情弱な人を狙った詐欺の可能性が非常に高いです。

人間は自分に得があると判断した場合、多少強引でもポジティブに考えてしまう傾向があります。もちろん個人差はありますが、ポジティブな人の方が詐欺にはあいやすいので注意が必要です。

仮想通貨やICOに関してはまだまだ注意が必要な事だらけです。仕組みが不完全だったり、逆に人間の管理が甘い事もあります。
人が運営している以上そうしたミスもある分野ではありますが、ブロックチェーンキャッシュレスに関する期待値は今非常に高まっています。

ビジネスには大なり小なりリスクがあるのでメリットやデメリットを把握した上でやるのが好ましいです。
その中で最もリスクの低い方法を取るというのは副業として考えると賢い選択だと思います。
仮想通貨は確かに将来性のある分野ですが、大きな投資をするという決断は現時点では難しいです。
出来るだけ小額から取り引きするかマイニング、アービトラージなどから経験を積んでいくことで仮想通貨の仕組みや全体が見えてくると私は思っています。

初心者による仮想通貨トラブルに注意!出来ればBRCのような実践的な勉強からはじめてほしい!!

初心者による仮想通貨トラブルに注意!出来れば実践的な勉強からはじめてほしい!!

出来れば勉強する事から始めてほしいです。普段聞き慣れないような言葉や単語がたくさん出てきます。
仕組みを理解せずにチャレンジするのは危険です。絶対にやめた方がいいです。
ただ、仮想通貨の直接的な取引では無くマイニングや実践形式で教えてもらいながら仮想通貨に少しずつ触れていくというのは個人的には非常にお勧めです。
ある程度内容がわかれば「これはやった方がいい!」「いや、この分野は私には向いていないかもしれない・・・。」という判断も出来るようになります。
このサイトでは仮想通貨関連のビジネスや情報を紹介しています。その中には期待値の高いビジネスもあるので参考にしてみてください。
現在はBRCというビジネスが人気で当サイトでも紹介しているので興味がある方はみて頂けると幸いです。

ビジネスらくらくクラブに申し込むべきか?!エッセンシャルというアプリが凄いらしい!

今回は仮想通貨やICOに関する注意喚起をメインにお話ししました。
ICO案件はしっかりとした裏付けと確かな情報が無い限り手を出さない事をお勧めします。詐欺被害も後を絶たないので注意しましょう。
とは言え仮想通貨は今後もテレビやニュースを騒がせる事になるでしょう。技術的な発展が進めば私たちの生活に役立つ事は間違いないです。不確定な部分があり、安定はしていませんが今後の活躍には期待しています。